失敗しないPCパーツの選び方・IntelCPU&マザーボード編

どうも!

あら玉ぶろぐ管理人のあら玉と申します!

今回はジサカー(自作pc作る人)を目指している人に向けて、どういった選び方をすれば失敗しないかを、簡単にまとめていきたいと思います。

自分の予算と相談して、より良いモノを手に入れてください。パソコンの用途が決まっていれば、選ぶのは簡単です。

※Intel製品のcore~系の記事になります。難しい言葉は無しで、こういうものなんだ、と理解していただく事を目的としています。

※さらに、2019年3月18日現在の価格推移を見たのですが、今なら買うのは8000番台(第8世代)か9000番台(第9世代)の2択と思っています。

 

奥が深すぎる・・

 

スポンサーリンク

CPUって何?マザーボードって何?

聞いたことはあるけどよくわからない。その役割を知っていきましょう!

 

・CPUとは、人でいうところののようなものです。頭の回転が早い=効率よく物事をすすめられる!

『インテル、入ってる』なんてCMありましたよね!知りません?そうですか。。

演算を行うためのパーツであり、処理能力が高い、結果pcを早く動かせる、といった認識でいいと思います。

 

・マザーボードとは、母なる板 失礼しました、基盤です。CPUを人で例えた手前、マザーボードも人で例えたいのですが、

ごめんなさい私のCPU(脳)では処理能力不足です。上手い例えがあったら教えてください。

 

パソコンを組んでやりたいことは?

用途を決めるのが大事なのですが、中々それが難しい。でもこの悩んでいる時間が本当に楽しいと私は思います。

~~がしたいからこのぐらいの性能のパソコンを。が正しいかもしれませんが、私は

~~ぐらいの性能のPCがあったら、~~も出来る。って考えてしまって無限ループしちゃいます。

余計な事言ってしまいましたね、ごめんなさい!このもどかしい時間をもっといっぱい楽しんでください。たくさん葛藤しましょう。

 

調子に乗りました、真面目にいきます。

 

やってみたいことと、最低限やらなくてはならないことを考えてみてください。その最低限のところで一旦形にしてみましょう。

 

例えば!

 

DbD(Dead by Daylight)がカクカクして満足に遊べない!買い換えたい!という人がいるとします。でも、PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)もやってみたいな~、と。

そこでお財布と相談です!

DbDを快適に遊べるパソコンを組もう、と考えると12万~(本体のみ)。

PUBGを快適に遊べるパソコンを組もうとしたら、17万~(本体のみ)からだと思います。

快適の度合いにも個人差がありますので、私の求める快適さで統一させていただきます。

この5万円をどう考えるかです。少し我慢してワンランク上の物を買うのか、

我慢できないし、5万円上乗せするぐらいならもういい、買う!となるのか。

 

私は前者をおすすめします。前も言いましたが、高い買い物をするときに半端にケチると、精神衛生上よくありません。

後悔したんですよ!!ケチったばかりに!!(体験談)

スポンサーリンク

CPUの選び方

さて、やりたいことは決まりましたね?強引にすすめていきますよ!

目安としてください。

 

特にゲームはする気がない。サイト巡回して、youtube見るぐらい。

core i3

ゲームしてみたい。艦これ(艦隊これくしょん、ブラウザゲーム)など。

core i5

ネトゲがっつりやりたい。youtuberみたいな配信もしてみたい。

core i7

最高環境じゃなきゃ嫌だ。何もかも出来るオールマイティマシンがいい。

core i9

 

あなたはどれに当てはまりましたか?下に行けば行くほど性能は上がっていきます。そしてそれを補助するため、性能をフルに発揮させるために他のパーツの性能もあがります。

特にi9クラスになると、CPUクーラーは簡易水冷をおすすめします。処理能力が桁外れなぶん、発熱も激しいんです。(夏場が怖い)

 

マザーボードの選び方

 

その前に、今回の記事はIntel製品に限った記事と書きましたが、少しだけ補足、説明させてください。

 

CPUはIntel製品のcoreシリーズと、AMD製品のRyzenシリーズの2種類があります。

その2種類のCPUは規格が違うので、マザーボードも必然的に、Intel製品が使えるマザーボードとAMD製品が使えるマザーボードに分かれてしまいます。

何が言いたいかというと、CPUを決めてしまったのであれば、それに合わせたマザーボードを探せばいいんです。

 

今回は第8~9世代のCPUに絞っていますので、マザーボードはIntelの370番か390番のチップセットを選べばOKです。

チップセット=製品名であり=ソケットの規格の種類)

 

マザーボードの値段もピンキリです。

 

じゃあ具体的にどこ見て決めたらいいの?

 

・サイズ(拡張性を考えてATXがおすすめ。PCケースもATXが装着できるものと合わせましょう)

 

・PCI Expressのレーン(主にグラフィックボードを刺す場所

PCI Express×16が最低でも一つ付いているものがいい)

 

・インターフェース(USB端子が多いと便利)

 

・オンボードのオーディオチップの種類(高価なものほど音質がいいです、なのですが、違いがそこまでわからない)

 

・メモリスロットの数(大体4つあります。今まで2つしか使った事がない)

 

思いつくのはこのぐらいですね。 余談ですが、私はASUSがとても好きなので、ROGシリーズを使用しています。モニターもグラフィックボードもASUS!

 

以上です。この2パーツを決めてしまえば、後はパズルを埋めていくような流れになると思います。

それだけパソコンにとっては大事なパーツです。次はpcケースとCPUクーラーについての説明をしようと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ぼそっと呟いてます
スポンサーリンク