交通事故を起こしてしまった時に気を付けて欲しい事

どうも!

あら玉ぶろぐ管理人のあら玉と申します!

皆様は自動車やバイクなどお持ちですか?卒業シーズンで、免許を取りに行こうなんて方も多いかと思います。

自動車、バイクに乗っていく上で、気を付けなければならない事は交通事故です。私も3度ほど経験があります。

交通事故を起こさない、巻き込まれない事が一番いいのですが、いつ起こるか分からないのが事故です。

物損事故ならまだいいですが(良くはない)、人身事故なんて起こしてしまったら、大変です。間違いなくテンパります

巻き込みたくないし、巻き込まれたくない事故ですが、もしもあなたが交通事故に遭ってしまったらどうすればいいか。

そんな時に思い出して欲しい事を説明していきます。今回は車:車を想定しています

スポンサーリンク

一番は冷静になろうとする事

まず冷静になれ、と言うのは簡単ですが、行うのはとても難しいです。自分自身の思考がぐちゃぐちゃになっている現状をはっきりと認識してください。

事故を起こしてしまった、または巻き込まれた。どちらの状況に陥った時でも、まずは心の整理が一番大切です。

冷静になろう!としてください。受け入れてください。事故が起きたんです。OKですか?今日の晩御飯何食べようか、ぐらいまで考えられたら大したものです。

※あなたに意識があり、大きなケガをしていない状況です。

被害状況の確認をする

自分と相手のケガの有無、車の損傷具合、場所をおおまかでいいので確認してください。

※状況を把握できたとしても、精神的に不安で仕方がないと思います。辛いですが、飲み込んでください。

事故が起きてしまった。そんなあなたが今からするべき行動を書いていきます。

警察を呼ぶ(110番通報)

警察は慣れたもので、110番(いちいちぜろ、ひゃくとおばん)に電話をかけると『事件ですか?事故ですか?』と聞いてきます。

事故ですと答えると、状況や場所を一つ一つ聞いてくれるので、あなた目に映った事を順に伝えていきましょう。

状況に応じて、救急車の出動手配もしてくれます。交通量の多い場所ならば、どうすればいいかの指示もくれます。

場所にもよりますが、早ければ5分~10分程度で警察官が来てくれるので、それまでは警察の指示に従い、安全な場所で待機してください。

相手の安否確認

あなたが事故を起こした原因なのか、相手が原因なのかは一旦置いておきます。相手が無事なのかどうかを確認してください。

目視で結構です。(事故の当事者同士が会話をすると、大体ろくなことになりません。)

見るからに大怪我をしている、意識が無い、などの状況では119番で救急車を呼びましょう。

個人的フローチャート

※私の場合は、自分が動ける状態だったので相手の方に向かい、『大丈夫ですか?』と声をかけました。声をかけるようにしています。

パターン1

相手『何してくれんだ!』や『ふざけるなこの野郎』の様に暴言を返してきた場合は、『警察を呼びましたので待ってくださいね』

と言って相手から離れましょう。それ以上会話をする必要はありません。黙殺してください。何も言い返さなくていいです。

パターン2

相手『こちらは大丈夫です、あなたは大丈夫ですか?』と返されましたら、『はい、大丈夫です。車の移動は出来そうですか?』

と必要最低限の会話をして、警察を呼んだ事も伝えて待機しましょう。大体はこうなるはずです。

※絶対に警察が来るまでに当事者同士で示談交渉をしないでください!

これ、意外と多いんですよ。『~~で示談にしないか?』のような提案をしてくる方もいるんです。

耳を貸してはいけません。お互いに損をしないから~、だとか適当な事を言って、警察を呼ばれる事を嫌がっているだけです。

『もう警察は呼びましたので』と返して、それ以上相手の話に耳を傾ける必要はありません。

事故が起きたらその運転手は、警察に報告する義務と、ケガをしている相手を救護する義務があります。

後々面倒な事にならないためにも、しっかりと警察を呼ぶようにしましょう。

このような事が起こりうるので、基本的には、110番をして指示に従いつつ待機。これが一番です。

スポンサーリンク

警察が到着するまでの間にするべき事

警察を呼び、車を邪魔にならない場所に移動させて待機している時間に、次のことを済ませてください。

※重要!自分の契約している保険会社(任意保険)に連絡をしましょう

車の状態にもよるが、自走出来ない状態なのであれば、車屋、ディーラー、JAFなどに連絡をしましょう

通勤途中だったり、何か約束事はありませんか?こちらにも連絡をしましょう

気持ちが落ち着かずに不安な時は、家族、友人、恋人に連絡をしましょう

こんなに書きましたが、まず自分の契約している保険会社に連絡をしてください。相手はプロです。

あなたの不安を和らげてくれて、何をしたらいいかを教えてくれます。この電話をしているぐらいで、警察が来てくれるはずです。

以下の3つの項目は、全ての処理が一旦終わってからでも大丈夫です。自分の中の優先順位に沿って連絡をしてあげてください。

警察が到着してからの流れ

まず、あなたの車の免許証と車検証を提示するように求められます。その後に、事故の詳しい状況などを聞かれるはずです。

正直に答えましょう。分からないことは分からない、していない事はしていない、はっきりと答えてあげてください。

事故処理が終わり、落ち着いてきたときに、相手の方の名前と連絡先を交換しましょう。契約している保険会社の連絡先も忘れずに

過失割合でこじれた場合

警察からの過失割合を聞かされ、納得がいかないのであれば調書にサインする必要はありません。

ただ、動いている車同士の事故だと、どちらかが一方的に悪くとも、10:0になることはありません。(信号無視、対向車線はみ出しなどを除いて)

向こうがぶつかってきたのに、こっちがぶつかった事にされている、などの時は、はっきりと異を唱えましょうドライブレコーダーがあると楽。

任意保険の種類にもよりますが、示談交渉は保険屋さん同士で話し合って決めてくれます。

スポンサーリンク

外傷がなくても病院での検査は絶対にしてください

事故が起き、処理が終わり、周囲に連絡もしました。大きなケガしなくてよかったな。。なんて思っているかもしれません。

出来ればその足で、整形外科に行ってください。痛みがなくても、です。ぶつかり方にもよりますが、

2~3日経つと(経験上)首の周囲が酷いコリのような痛みに悩まされると思います。ムチウチです。

かと言って、治療方法などはストレッチや整体ぐらいなのですが、診察費は保険で賄う事が可能です。(過失割合にもよるが)

早いうちに診断書をもらって手続きをしておかないと、いざ痛みがやってきたときに、実費で通院しなければならなくなります。

面倒ですが、しっかり通院しましょう。

最後に個人的な意見を

車に乗る上で絶対にやって欲しい事があります。任意保険の加入ドライブレコーダーの搭載です。

この二つがあれば、こじれる事が少なくなります。任意保険に入らずに車を運転している方もいるんです。

そんな相手と事故を起こして、相手は任意保険に入ってないからお金が払えませんなんて事もあります。

たまりませんよね。私はその為に、もし相手が任意保険に加入していなくても、損害を補償してくれるプランに加入しています。

無駄なお金かもしれませんが、これは自分を守るためです。

今の時代、ドライブレコーダーは本当に必須クラスのアイテムになったと思います。盗人猛々しいといいますが、誰も見ていないのをいいことに、

とても身勝手な事を言う方が多いです。自己保身の塊みたいな人間のせいで嫌な思いをしないためにも、ドライブレコーダーの搭載はおすすめします。

スポンサーリンク

今回のまとめ!

事故を起こしてしまったら、まずは冷静になろうと努力すること

警察への通報は絶対です

当事者同士で解決(示談)しようとしない

病院に行って検査を受ける事(通院も視野に)

任意保険とドライブレコーダーは必須

以上になります!

出来れば事故なんて無縁の生活を送ってもらえるといいのですが。免許を取得して、最初の3ヶ月が事故率が高いと、自動車学校で教わった気がします。

気を付けましょう!もし事故を起こしたとしても、焦らず、、、といっても難しいと思いますが、気が動転して走り去る事だけはしないように

皆様の楽しいカー(バイク)ライフを祈っております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

事故
ぼそっと呟いてます
スポンサーリンク