失敗しないPCパーツの選び方・グラフィックボード(GPU)編

どうも!

あら玉ぶろぐ管理人のあら玉と申します!

今回はグラボ、グラフィックボード(カード)、GPU、と呼ばれるパーツについての簡単な説明をさせていただきます。

パソコンで最近のオンラインゲームをするためには、ほぼ必須。マイニング(仮想通貨の採掘)なんかにも使われます。

 

GPUとCPUって一緒?(A.似ているけど違います)

これがないと動かないの?(A.動きはするかも・・)

などなど、素朴な疑問などを解決していきましょう。数値化されて比較、詳しく説明されているサイト様は山ほどありますので、気になった方はそちらへ。

 

ここでは、グラフィックボードってこんなものなんだ~、とイメージしてもらう事が目的です。

 

スポンサーリンク

どんな役割のパーツ?

立体的な描写を滑らかにするための補助装置。と言ってしまえば分かりやすいでしょうか。近年のゲームコンテンツなどは、3D(立体描写)が当たり前のようになっています。

2D(平面描写)と違い、高さと幅、さらに奥行きまでをモニターに出力しなければなりません。

高性能なCPUがあったとしても、それだけではデータの量が膨大過ぎて間に合わないのです。

結果、画面はカクカク。とてもコンテンツを楽しむことができなくなります。そこでグラフィックボードの出番です。

グラフィックボードは、大量のデータを同時に処理する事が得意なんです。そんなグラフィックボードが頑張ってくれることで、

モニターに出力される映像がヌルヌル(滑らか)になってくれるんですね。そこそこの性能のグラボに交換するだけで、割と世界が変わります。

グラフィックボードがなくても

補足:グラフィックボードの機能(GPU)は、CPUやマザーボードに最初から備わっていることもあります。

ただ、コンテンツの種類によって、それでは力不足なんです。(動きはするが、処理が遅い。カクつく。)

最近のオンラインゲームをやってみたいという方は、これがないと始まらない!と思っていただいて大丈夫です。

でも高いんですよね~。笑

 

目的から選び方

 

当然のことですが、目的があってこそのグラフィックボードです。3Dコンテンツ、動画や画像編集、実況配信などをお考えの方は必要です。

しかし、エクセルワードを使った事務用、ネットサーフィン用(動画鑑賞)などは、正直なくても大丈夫です。

どうなるか、実際パソコンを使ってみないとわからない?じゃあ付けておきましょう!

出来る事が広がって、やりたいこと(目的)が見つかるかも?(悪魔のささやき)

 

グラフィックボードの種類

さて、グラフィックボードにも種類が色々とあります。中に入っているGPUというパーツなのですが、こちらについても少し説明を。

GPUとは、つまりのようなものです。

CPUも、です。

 

CPUはパソコンのシステムにとっての脳(メインブレイン)であり、難しい処理を早くこなすことが得意です。大量のデータを処理するのは苦手。

GPUは映像などの大量のデーターを処理するのに特化した役割があります。

そうつまり、CPUにとっての、第2の脳です。

脳がゲシュタルト崩壊しそうです。oh,no!

 

そのGPUを作っている有名な会社が2つあります。

・NVIDIA:エヌビディア、ナビディア。シリーズ名はGeForce(ジーフォース)

・AMD:エーエムディー、アムド。シリーズ名はRadeon(ラデオン)

 

※ナビディア、アムドは伝わらないかもしれませんので、前者の方を覚えてください。どこから仕入れたのか忘れましたが、私はこう呼んでしまいます。

 

どちらがおすすめか?

 

好きな方を推しますとGeForceです。これ買っておけば間違いないです。ゲームメーカーさんが新しいゲームを開発するときに、GeForceを基準として制作していることが多い為です。

 

Radeonは、値段に応じた性能のコストパフォーマンスが良いです。つまり安いです。もちろんゲーミングとしても使えます。

このゲーム、Radeonだったから動かない!なんてことはない・・はず。

 

ゲーミングを快適に → GeForce

コスト重視 → Radeon

 

全体で見た時の性能は、GeForceに軍配があがってしまうんですよね。なので私の場合だと、これからもGeForceを使っていくと思います。

Radeonが、画期的なパフォーマンスのグラフィックボードを制作したら、浮気してしまうかも?笑

 

高性能なグラフィックボードを搭載する時の注意点

 

じゃあ、10万円ぐらいだして高性能なものを買おう!これでゲームぬるぬるなんでしょ?

と思われた方へ、待った!!

 

映像データを出力するのはモニター(画面)ですよね。そのモニターの性能が低いと、グラフィックボードの性能を生かし切る事ができません。

 

滑らかで美しい描写を楽しむためには、やはり高性能なモニターも必須となってきます。

 

これはどのパーツをとっても同じなのですが、全体的に底上げをしていかなければ、PCの性能は上がりにくいのです。

 

これだけは忘れないようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

中古品はやめた方がいい理由

こちらは余談になりますが、重要なことなので書いておきます。

冒頭にもちらっと書きましたが、仮想通貨のマイニングというものが流行っていました。(2019/3/20時点)

現在は下火になってきたのですが、去年なんて酷かった。マイニングのためにグラフィックボードがバカみたいに売れたんです。

それが理由で、グラフィックボードの値段が高騰、品薄になっていました。マイニングが下火になると、そのマシンを売り払う方が続出。

中古市場にはグラフィックボードが溢れています。酷使され続けて、いつ壊れてもおかしくないようなものまで

せっかくグラフィックボードを買ったのに、すぐ壊れてしまっては元も子もありません。

すべてがそうだとはいいませんが、そういったリスクがあるのも事実です。安い買い物ではありませんが、

重要な理由がない限り、新品を買う事を強くおすすめします

特にGeFoceだと900~1000番台(GTX-970やGTX-1080など)は特に要注意です。

 

まとめ・結論

 

ではまとめていきます。

・グラフィックボードがあると、描写がなめらかになる。(ヌルヌル)

・快適にゲームしたいなら必要。

・用途に合わせて選ぶのはどれも同じ。

・周辺機器にも気を遣う。

・中古品はなるべくやめておく。

 

ぐらいですね!パソコンの構成はバランスが大事です時間をかけてじっくりと選んでいきましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ぼそっと呟いてます
スポンサーリンク