パチンコ屋の仕事内容をお教えします(アルバイト)

どうも!

あら玉ぶろぐ管理人のあら玉と申します!

以前にパチンコ屋さんで働いたらだめーーー!という記事を書いておきながら、掘り下げていきます。

参考:パチンコ店のアルバイトをおすすめ出来ない3つの理由

どんな仕事内容なのか?細かい所はまちまちですが、だいたいどこも同じ流れです。

※全国展開をしていて、設置台数が600~クラスの店舗

店内でやる作業は、アルバイトも社員も大差ありません。裏方とお金関係まで扱うのが社員という認識でOK。(役職にもよる)

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

パチンコ屋での主な仕事内容と流れ(アルバイト)

私が勤務していたパチンコ屋を元に書いていきます。地域や店舗によってバラバラですが、ある程度は同じはずです。

勤務の時間帯は、早番遅番の2つが基本で、たまに中番というものもありました。今回は早番遅番の、2つに分けて説明していきます。

早番のお仕事(およそ8:00~17:00)

パチンコ屋は県や地域によって営業時間がまばらです。私の地域だと、10:00 ~22:50が基本になっています。

始業開始が9:30の場合

仕事の種類仕事の内容
9:00~出勤制服に着替えて、身だしなみチェック!朝礼の時間までゆっくりしましょう。人によっては、朝早くから並んでいるお客さんに、整理券を配ります。
9:30~朝礼・開店準備あなたが今日するべき仕事を割り振られます。パチンココーナー担当だったりスロットコーナー担当だったり。開店するまでの時間に、遊技台の開閉チェック、ドル箱の補充、販促物のチェック。カウンター担当の方は、特殊景品のセット、景品の在庫確認、音響チェックなど。

一通り終わると、お客さんを迎えるために定位置で待機します。

10:00~開店・入場開始オープンです。朝早くから並んでいたお客さんを迎え入れます。いらっしゃいませの挨拶ですね。走ったり、掛け持ち(1人で2台以上の遊技台を確保する)するお客さんもたまにいるので、目を光らせます。

入場が済んだら、整理券(台取り券)を回収、基本的にお客様に呼ばれるまでは島(遊技台の並んでいる通路)を巡回します。

お客さんに悪い事をされないように、しっかりと巡回しましょう。

11:00~スタッフの食事休憩昼食(朝食)を取る為の休憩をローテーションで回していきます。店内のスタッフが少なくなるので、少し気を引き締めましょう。20分~1時間と店舗によりまばらです。

お客さんの遊んでいる台も、ちらほら出玉が出てきます。パーソナルシステムでなければ、ドル箱交換で忙しくなってきます。

13:00~小休憩1回目5分~10分ぐらいの小さい休憩をローテーションで回していきます。稼働率の高いお店だと、てんやわんやする時間です。休憩をされるお客さんの対応。(~時までにお戻りください的な紙を渡し、そのお客さんの遊技台と出玉にネットをかけたり)

空き台整理(メダルや私物は置いてあるけど、一定時間以上お客さんがいない台の整理。)

玉やメダルが出てこない時のエラー対処、出玉を交換されるお客さんの対応

稼働の高い(お客さんの多い)店舗だと、これらが同時に来ます。うまく切り抜けましょう。

15:00~小休憩2回目上記と同じ。店内に落ちている玉やメダルが目立ってきます。しっかり拾って、落としたであろうお客さんに返してあげましょう。

お友達同士などで、片方は遊技しているが、もう片方は座っているだけのような場合にお声がけもします

思いっきり申し訳なさそうにいきましょう。

もう少ししたら、遅番の方とバトンタッチです。自分の担当している島やコースの清掃、ドル箱やおしぼりの補充、出玉演出をきれいにしておくと、喜ばれます。引き続き頑張って行きましょう!

16:30~交代作業ついに遅番の方がやってきました。インカムを渡したり、引継ぎをしっかり行いましょう。(あそこのお客さんはイライラしているから気を付けてね!なども)

終業まであと30分です。遅番の方のお手伝いをしつつ、最後まで気を抜かずに。島清掃、出玉交換などがメインになるかと。研磨機のチェックをしたり、ICカードの補充、店外から自分たちの休憩所を掃除することも。

17:00終礼・終業お疲れ様でした。早番の一日はこれで終了になります。最後に社員の方が終礼をします。今日の反省点、気づいた事などを一通り聞いたあとに、お疲れ様でしたの挨拶で終了です。

自分の次のシフトを確認してから帰りましょう。時間的に道は混んでいます。車の方は事故にも気を付けてください。

遅番のお仕事(およそ15:00~24:00)

する事はだいたい早番と同じです。

仕事の種類仕事の内容
16:00~出勤まずは制服に着替えて、身だしなみチェック。自分の担当する場所を確認。
16:30~朝礼・早番スタッフとの交代朝礼が終わったら、ホールに出て早番のスタッフと交代します。稼働が高いお店だと、とても忙しい時間からのスタートです。ギアをあげていきましょう。

交代したら、自分の担当の島、コースの状態を把握します

17:30~小休憩1回目早番と同じく、5~10分程度の休憩をローテーションで回していきます。そして、仕事が終わったお客さんが、たくさんお店にやってくる時間です。

気持ちよく遊んでもらえるように、遊技台と周囲の清掃を心がけましょう。

19:00~スタッフの食事休憩ようやく半分といったところです。私の勤務先は30分でした。いきなり稼働が多くてぐったりしがちな時間ですが、しっかりご飯を食べて、後半戦に備えましょう。

稼働が8~9割、設置台数が1000台規模だと、地獄の時間になります。(スタッフが少なくなるから)負けないで!

21:00~小休憩2回目だんだんとお客さんもお帰りになっていき、平穏な時間が訪れようとしています。(もちろん店舗と日による)

水分補給をしっかりとして、体を休めましょう。

22:30~出玉交換のラッシュ21時を過ぎた頃から、だんだんとお客さんが帰っていきますが、閉店時間ギリギリまで遊ばれる方ももちろんいます。大当たりが終わらない、高設定台を少しでも多く回そうと。

この時間ぐらいに、閉店時間お知らせのアナウンスを入れるので、一斉に出玉交換をすることになります。計数機に長蛇の列が・・(パーソナルシステムは除外)

そしてカウンター担当の方の踏ん張りどころです。特殊景品のトラブルが起こったら地獄を見ます。頑張って~!

22:50~閉店・お見送り・閉店作業勝ったお客さんも負けたお客さんも、気持ちよく帰ってもらえるように、ありがとうございましたでお見送りしましょう。(負けてると、何がありがとうだ馬鹿野郎ってなる方もいます)

そして閉店作業です。遊技台を全台開けて、清掃(メンテナンス)スロットコーナーなら、ホッパーに入っているメダルの調整、目合わせ(777となるように揃えたり)、お客さんの忘れ物がないかチェック。研磨機(玉やメダルをキレイにしてくれる機械)の清掃、交換などなど。

販促物の交換、チェック、朝から並ぶお客さんの為の整列場所をポールで作ったりもします。

24:00終礼・終業ようやく一日が終わりました。お疲れ様です。終礼が終わったら、ひと休憩入れて帰りましょう。道は空いているので楽ですよ。

これが一日のだいたいの流れでした。中番についても軽く書きます。勤務時間が13:00~21:00という、パチンコ屋が一番忙しくなる時間帯になります。

開店作業も閉店作業もかわしつつ、稼働が上がり出し、下がる直前です。個人的には時給少し盛ってもいいんじゃないか?と思います。

時間帯で考えると、朝は早くないし、夜も遅くないので、悪い事ばかりではないですが。私は「中番はやめて!!」といつも回避してました。

採用基準(だいたいこんな人採ってるな~という感想)

元気がよくて、ハキハキ喋れて、時間に融通が利くなら大体採用されます。パチンコ屋は離職率が高く、人員が確保できてない事が多い為です。

ハードルは高くないので、興味のある方は1度試してみるのはいいと思います。無理だと思えばすぐに辞めてしまいましょう

採用されたけど、音が無理、臭いが無理、体力的にやっぱり無理。これは仕方ありません。店側も慣れっこなので、そんなに気にしないはずです。

初日、3日目、1週間目で連絡も無しにいなくなることなんて、しょっちゅうありました。仕方ないかーぐらいしか思いません。

私のいた所だと、20代~30代の方が多かったですが、それもお店によりけりです。店舗に実際に入ってみて、雰囲気を感じてみましょう。

スポンサーリンク

オープニングスタッフ募集は溶け込みやすい

このご時世ですし、どんどん店舗は縮小傾向にあります。それでも新しくオープンするお店はまだあります。

そんなお店が通勤範囲内に出来るのであれば、狙い目です。新店舗で半年~1年程働き、次の新店舗が出来たら転職。のように転々とし続ける方がいるぐらいです。

待遇が良くなりやすいのと、まだお店の雰囲気が出来てないので、人の輪の中に入り込みやすいからですかね。

タイミングよく、パチンコ屋でアルバイトしてみようかなと思った方は、新店舗の情報を探してみる事をおすすめします。

結局は自分に合うか合わないかですが。スタッフ間の雰囲気が固まってしまった店舗に溶け込むのは、中々難しい事もあります

自分が新店オープンに携わった、という経験に快感を感じるかも?

今回はここまで!最後に

いかがだったでしょうか?あくまで、『私が実際に働いていたパチンコ屋がこんな感じだったよ!』というお話です。

お客さんがあまりいなくて、身体的な負担が小さいお店なんかもあります。敷居は決して高くはありません

興味があるけど踏み出せないという方は、お試しの気持ちで電話をかけてみましょう。すんなり決まって、拍子抜けしてしまうかも?

何事も、まずは一歩ですね

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぼそっと呟いてます
スポンサーリンク